ミャンマー

ミャンマー概要

国名
ミャンマー連邦共和国
首都
ネビドー
面積
67万6,578平方キロメートル
人口
5,913万人 (2012年国連推計)
GDP
502億米ドル (2012年IMF推計)
GDP成長率
8.7% (2012年-17年IMF予測)
通貨
ミャンマー・チャット(Kyat)
言語
ビルマ語
民族
ビルマ族、シャン族、カレン族 他

外国投資に関する規定

ミャンマー外国投資法、およびミャンマー会社法の規定によると、外資製造業の最低資本金は50万米ドル、また投資・サービス業の最低資本金は30万米ドルとされています。投資形態としては100%独資または合弁のいずれかを選べるが、合弁の場合、外資側は少なくとも35%の株式を保有しなければなりません。外資製造業に対してはミャンマー政府による投資優遇策を受けられますが、そのためにはミャンマー投資委員会の承認が必要です。また、サービス業、支社、駐在員事務所等を開設する場合は会社法に従って登記が必要ですが、最低資本金は5万米ドルで、登記証の期限は3年(更新可)です。なお、駐在員事務所については営業収入を得ることは禁じられています。外資企業が貿易に従事する場合、ミャンマー企業あるいは人民との合弁とすることが必要となります。

外国投資家が投資計画書を提出する際には、環境評価を含めることが必要とされています。ミャンマー政府が外国投資家に私有地の租借を認める場合、その期間は30年で、15年の延長が最大2度に渡って認められます(合計60年まで)。投資申請および会社の設立は、書類の準備が整っていれば、2週間から2ヶ月で完了します。(なお、現在、外国投資法の改正に向けてミャンマー国会で審議が行われており、2012年末から2103年初にかけて新法が成立・発効の見込みです。)

香港企業が享受できる優遇策等

特になし